6月28日

今日は午前中仕事を休みまして、

市役所の転居届を出しに行きました。

いや、まだ引っ越しはしていないのですが、

もうマンションの引き渡しをうけましたし、ちょびっと荷物(引き渡しのとき貰ったお花とか)もいれましたし。

転居手続きはさくさく進みまして、帰宅しましたらまだ朝の10時。

そうか。

まだ10時か。

いけるよな。アレ。

そう。もう何年も何年もわたしの心に突き刺さった大きなトゲ。

それは、10センチ×10センチ×30センチの箱いっぱいに詰められた小銭です。重量15キロくらい。

同居人がコツコツ溜めた小銭の山。たぶん10円玉と1円玉ばかりです。

なんども引っ越しを繰り返しましたが、そのたびに「捨てようか・・・」と罰あたりな気持ちになる、

マジでお荷物だったのであります。

これは新居に持って行きたくない。

絶対持って行きたくない。

ということで、銀行に持って行きました。徒歩10分。15キロを持って10分炎天下の中歩きました。

死ぬかと思いました。

窓口で通帳を出し、15キロをどどーんとカウンターに置きました。

お姉さんは少しも騒がず「それでは、こちらのカゴに硬貨をおいれください」

ざざーとかごをいっぱいにする、10円玉と1円玉と5円玉。

しばらく、お待ちください。ということで、ソファで汗を乾かしておりますと、名前を呼ばれました。

そこには不機嫌そうなおっちゃんが。

「あのですね。一回受けてしまったんですけど、あまりに量が多くてですね。

機械を独占してしまって、他のお客様にご迷惑がかかりますので、

小分けにして持ってきてもらえますか」

・・・

「持って帰れと?!」

つい、温厚なkomatunaさんもキレていまいました。

さすがに、おっちゃんもその迫力に押されまして、

「それでは、他のお客様の分と交代で勘定させていただきますので、少々お時間がかかりますが、

今度からは小分けにして持ってきていただけますか」

ええ。二度とこの銀行には入金しません。

1時間くらいかかりまして、入金が終わりました。

19,118円也。

・・・

うん。まあ、多いよね。でもね。わたしは10万円くらいの仕事した気がするんだけど。

ちなみ、同居人にこのお金は貰いました。あたりまえじゃ。

もう、2度と小銭はためるなよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月17日

a hard night's night.

昨日、同居人は飲み会でした。

同居人はそれほど酒好きではなく、晩酌もしないのですが、

たまの飲み会では、ほぼ3時4時まで帰って来ません。

なので、昨日の深夜12時半くらいに電話があったときは、お、今日はちょっと早いか?と思ったくらいでした。

「あー、おれー」めずらしく呂律が回っていません。

「怪我したんで、病院行くわ」

・・・

・・・・

ええっ?!!!!

「も、もしもし?どうしたのっ?」と叫ぶわたしに聞こえるのは、

ピーポーピーポーの救急車の音です。

電話は切れました。マジで切れた電話に向かって「もしもしっもしもしっ」と言ってました。

どどどどうしよう。どうしたらいいんだ。

10分くらいして、電話をしました。出ないよね。出るわけないよね。

「あー。うん。大丈夫だから。また連絡する」出たわ。

「今、どこなのっ?」

「んー?わかんなーい」

わかんなーいって、貴様。

しばらくしまして、電話がかかってきました。

「わたし、○○と申しますが、ご主人と一緒に呑んでまして、ご主人階段から落ちて、顔に怪我されたので、

○○病院にいますので、保険証を持って今から来ていただけますか」

はっはいっ!明快な指示をされて、うれしかったものの、

わたしの保険証は持ってますが、同居人の保険証のありかがわかりません。

探し回ったあげく、結局電話しました。

「あのー。すいません。主人と話すことできますか」

「あっ。ご主人、今CTスキャン撮られてるので」

ええー。しーてぃーすきゃんー?大丈夫なの?緊張が走ります。

「あっ。そうですか・・・あの、保険証の場所がわからなくて」イマイチ緊張感に欠けるなあ。

「ぷっ。ああ。そうですか。まあ、保険証は後でいいと思います」

さて、タクシーを呼ばねば。

マンションの前の道路は側道なので、タクシーが走っているイメージがあまりありません。

近くのタクシー会社4つくらいに電話したのですが、

すべてに断られました。

ど、どうするんだ。どうやって病院まで行くんだ。

と、とりあえず駅まで行ってみよう。タクシーがいるかも。

駅に向かって歩いて行きますと、深夜です。ほとんど車は走っていません。

走っているのは、

タクシーだけ。

よりどりみどりでした。

そして、タクシーで病院に。

同居人は・・・

顔に絆創膏を貼っていました。結構腫れてもいました。

「俺の顔、大丈夫?」

「う、うーん。ちょっと腫れてるかなあ」

「俺、顔が命なのに」

「いやちがうやろ」

「顔がだめになったら、会社の女の子みんな泣くよ」

「むしろ笑うんじゃ・・・」

とりあえず、CTスキャンでも異常はなく、しばらくして帰宅しました。

hardな夜。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

10小ニュース | 13日の金曜日 | 365歩のマーチ | CHERRY | Excelの気持ち | KANの戻り | SAKAYA | SOSO | TOKIO dreamin' | あくせくアクセス | ある事情。グリムジョー。 | ある事情。明日のジョー | いいわけ番長 | おかんルール | おすすめサイト | おばさんサンデー | お前がな | かつお風味のダメだしー | がっかりだよ | ごあいさつ | ご用心 | さんまんの味 | しっぱいバレー | しょうがない | すべてはSにならない。 | すべてはFにならない | すわ師走 | そういうことか! | そうじゃなくて | その女、少忙につき | その女多忙につき | それいけソーマー | それで? | たずね人 | たっくん | とりとめナシング | どうしましょうの女 | どうでもいい話 | なんか妖怪 | なんでなんで | ひまつぶし | ひらめきトゥナイト | へろろ軍曹 | まちがいはじめ | まひる報告 | もっと光を | やっちまったな | やる気です | ゆきずりの | よろしくザビエル | わかっても好きな人 | わりと訓練好き | アイ・デア・レディー | アクセサーあせるさー | アクセシスト アセルヒト | アクセシストの日常 | アニメ・コミック | アンズよりウメが安い | イライラっち | インフルエンタの神様 | エクササイズ・エックスサイズ | エクセレント・エクセリスト | エコエコアザラク | エレキテルテキレエ | オレの借金全部でなんぼや | オンリーロンリーグチーリー | オーレーオレーオレーオレー | カウント8 | カラオケマナー | カラダ記念日 | クララがこけた | グラフでgoo | グルメ・クッキング | コンドル | ゴーゴーゴールデン | サタンサタデー | サンデー | シュミテクト | ジェネレーションギャップ | ジャブ中 | ジュウショック | スクワッタホラー | スパイ大作戦 | スポーツ | スマイル:¥0 | スランプ違い | センタクの自由 | ソっか | ダイエットクイーン | ダイヤルMを回せ | ダーウィンの秋 | チェックメイト | チェンジングワールド | テトリスト | テラへ・・・ | テレホンショッキング | テンションフリーフォール | トイレトレーニング | トラック野郎 | トランプリンセス | ドキドキが止まらない | ドレミのドミノ | ドーダの休日 | ナイショの内情 | ナビな女 | ハイソックス・ハイリターン | ハウスダストレビュー☆ | ハタチの忘年会 | ハプニング | バイオリズムハザード | バカンス | バックダウン | バテレンタイン | バレテンデー | バーゲンダッシュ | パソコン・インターネット | ヒーローになるときそれは今 | ビクトリー! | ビリメンさん | ビリーには謝らないもん | ビリーに謝れ | ピタパラダイス | ファミリー家族 | フィルダースチョイス | フォントにあった怖い話 | プラズマニウム | プラズマX | プレイガール | プロペラハニー | ポエム | マンションショー | マンデーシック | ミニスカショック | ムーダ | モンスター | レイニーデイ | レントゲン相場 | ロンバケ | 一片の悔いあり | 丁稚の祭 | 中秋の名月 | 事務員サンデー | 人の夢と書いて儚いと読む | 人の痛みを知る大人になれ | 人格者からひとこと | 人間関係の解の公式 | 今日行く教育 | 仏の顔も三平です | 仏の顔も三度笠 | 仏の顔も三瓶です | 仕事始めイロイロ初め | 伊勢物語 | 休日キューちゃん | 会議は劣る | 会議は脅す | 住まい・インテリア | 住所ック | 健康記念日 | 冬の朝 | 冬の転校生 | 切れ者 | 勇気をください | 北欧シリーズ | 占い | 危険なじじょう | 危険な実用 | 危険な情事 | 名セリフ | 名句アップ | 吐き気はきはき元気な子 | 向き不向き | 問診不審 | 地球にやらしく | 地球の歩き方 | 壮大ゴミ | 声に出して読みたい四字熟語 | 変なシャレはよしなシャレ | 夏の思い出 | 夏子 | 夜は甘かった | 夢の中へ | 夢やぶれて | 夢破れてサンバあり | 夢見る頃を過ぎても | 大人になったら | 大人の序章 | 大地の怒り | 大阪で生まれてない女 | 大阪の人 | 存在証明 | 学問・資格 | 寄生を規制して帰省する | 寒冷善戦 | 小予言 | 尾張の終わり | 居丈高いたっけか | 希望と脂肪 | 幸せなら手を使おう | 弁慶の泣き所 | 引越叱責きっちり | 当期の桜 | 後の祭りの後 | 後ろが正面 | 復活の日 | 心と体 | 心配性 | 怒りのコップ | 怒りの日曜日 | 思いやり投げ | 怪段 | 恋愛 | 悲願の中日 | 想像を辞めて現実を見る | 意味不明 | 愛の水中花 | 愛はカツスパ | 感心感心 | 感謝カンケリ | 我慢の限界 | 持てる者 | 振替休日を振り返る | 揺れる気持ち | 携帯・デジカメ | 教えてー | 教育論 | 教養の強要 | 文化・芸術 | 文化比較可否幹部 | 料理の時間 | 新天地の珍天使 | 新春シャンソンファッションショー | 旅行・地域 | 日サス | 日常に潜む危機 | 日常の凶器 | 日進月歩 | 旧友と豪遊 | 春一番 | 春風の誘惑 | 時をかける症状 | 時を失くす少女・・・少女ていうな | 時代はまわる | 時給人 | 時間の罠 | 暖の戻り | 暴れ馬絶好調 | 月末思想 | 末端エンドユーザ | 本当にあったコアな話 | 枯れ木に花を咲かせましょう | 根がシャキ | 様式美 | 毎日がエブリデー | 気まぐれ当たり | 波乱番長 | 流行の先端 | 温新知古 | 源泉徴収力 | 濡れ手にあわわ | 特別トーク別 | 特技の効能 | 犬が三毛の一族 | 用意ドン | 畢竟つまり要するに | 疲労コンバイン | 睡眠スクール | 睡魔ですいません | 短刀じゃなく担当 | 砂の白 | 砂塵のかなた | 祭のあと | 秋が目覚めた | 科学の子 | 空白のとき | 空腹と工夫 | 精悍トンネル | 終わりの始まり | 継続は力なり | 続キャンプ日記 | 美容・コスメ | 翼の折れた天気 | 職人店員 | 胃腸の異常 | 自分さがしの旅 | 自然を大切に | 自由になりたい | 花のくびざかり | 苦行の理由 | 菊と力 | 落ち着け! | 落日 | 落無者 | 血の種類 | 行く人くる人 | 裏表のある女 | 試験前症候群 | 詩吟男 | 謙虚に検挙 | 責任添加物 | 走れ正直者 | 超カメラ | 趣味 | 路上の危険 | 辛抱シンボル | 通勤沿線気になるアイツ | 酔った振り | 金のエンジェル | 閑居な環境 | 隔離 | 音楽 | 順番守れよ | 顔合わせは青か | 風邪引き算 | 食う寝るところに | SPACE WAR