12月2日

11月からのことですけど、町でもテレビでもクリスマスソングがかかる季節となりました。

子供の頃はとてもとてもクリスマスが大好きで、ジングルベルでも聞こうものなら血わき肉踊ったものですが、

今じゃ、うげーもう年末かよー。勘弁してよー。みたいな気持ちがどうしても先立ちます。

ずっと前に、事務所が店舗の中にあったことがありまして、

そのとき、12月1日から25日までに、「普通の人の一生分×3」くらいのクリソンを聞かされるはめになりました。

店舗で働く人はあまりBGMとか聞かれてないらしく、それ程辛くないという話を聞いたことがありますが、

小・中・高・予備校・大の間ずっとラジオを聴きながら勉強した私には、

自然にBGMに集中する癖がついておりまして(勉強&仕事しろ)

ほんとにほんとに辛い毎日でした。

そのクリソンの中に少年の歌う「ママがサンタにキッスした」がありまして、

やけに耳障りな(私怨あり)ボーイソプラノのセリフから始まるのです。

「ヘイ!ママがサンタにキッスしたよ!いいのかよ!僕のパパはいったい誰なんだよ!」

的なことを叫ぶのです。それを1日に10回くらい聞かされます。あーもー勘弁してよ!

わたしが、「いったいどこの子やねん。こいつは」と憤ってますと次の日に事務員仲間が、

「この子、ジャクソンさんちのマイケル君ですって」

と教えてくれました。

マイケル!マイケル・ジャクソン。わたしは君に言いたいことがありました。

君、声高すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月7日

「エアボ」いいなあ。

英語の歌を聴けるのが楽しいですよね。

思い起こせば浪人中。それまでもうすうす感じてはいたのですが、大学入試に失敗してわたしは気づいたのです。

あたしって、英語きらいやわ。

当時の受験制度では英語が受験科目にないところはありませんでした。うーんと、たぶん。

どこへ行っても英語が付いてくるのです。そんなストーカーみたいな英語がわたしは大嫌いだっ!

と声高に叫んでも、英語の勉強をしないわけにはいきません。

そしてわたしは、英語に関するものは、すべて嫌い。英語聞きたくない。英語のバカヤロー。の境地に至ったわけです。

要するに英語の歌も聴かなくなったといいたいわけです。

その後、なんとか大学に滑り込み、なんとか事務員生活に滑り込んで足掛け2世紀。

さすがに英語アレルギーも薄れはしたのですが、FMとか聴かないので、やっぱり英語の歌には疎い日々が続きました。

あれは3、4年くらい前のことでしょうか。当時デジタルオーディオプレーヤーに魅了されてまして、

いつか大人になって1万円札を何枚も持てるようになったら買おう。と暇があればヨドバシカメラに行っていたとき、

iPodのデモで、かかっていた曲に思わず引き寄せられました。そのまま曲が終わるまで硬直。

うわーええ曲やー。でもこれ、なんて曲?

これは今時の若いもんに聞いてみよう。と次の日、事務員仲間に

「あんな、昨日めっちゃいい曲聴いてんけど、なんて曲?♪チャンチャン、モーニン、チャンチャンチャチャン」

「・・・・?」

「だーかーらー♪チャンチャン、モーニン、チャンチャンチャチャン」

「・・・モーニンしかわからなかったんですね」

「うん」

「えーとー、OASISの曲でモーニングなんちゃらってありましたよ」

「Monig Gloryはいくらおばちゃんかて知ってるし。違うし」

「うーん。ヒントが少なすぎますねー」

「なんでやー。メロディーはあってんねんで」

「ていうか、メロディーの確認ができませんやん」

という冷たい返答に傷ついていたのですが、去年ヴィッツのCMを見て叫ぶ美女が一人。

「これ!これやっ!」

そう、それはMAROON5の「Sunday Moning」うわー。やっぱりええ曲やー。

でね。エアボでね。やってたんですよ。この曲。

エアボ楽しいなあ。って思ったんですよ。

・・・えーと。説明長すぎ?ていうかなんの説明?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月29日

他人と住む。ということは、思いもよらない番組を見る羽目になる。ということです。

同居人は「コンクール」好きです。ジャンルは問いません。

モー娘。のオーディションから、エアロビ選手権、ミスコンまで。

そして、最近見せられたのが「合唱コンクール」でした。

うーむ。こんな番組があることすら知りませんでしたよ。

アシスタントを矢口(元モー娘。)がやってたのにも驚きました。

合唱かあ。無縁に生きてきたよなあ・・・

!!

うわー!思い出したっ!わたし合唱コンクール(の予選)に出たことあった!!

時は昭和。そう。わたしが小学生のときです。

わたしが行っていた小学校はすごい田舎の小学校で1学年の児童が50人足らずの小学校だったのです。

その小学校に音大を出た先生がいらっしゃいまして、その先生が何を思ったか合唱コンクールに参加しようと企んだのです。

全員参加で。音楽の授業はもちろんその練習で、昼休みや放課後もその練習をさせられました。

練習した曲は、

「どじょっこふなっこ」

・・・田舎くせー。まあ田舎でしたからね。

でね。告白しますが、実はわたし、ピアノ伴奏担当だったんです。

そう、一応ピアノやってたんですよ。一応。全然練習しなかったから全然進まなかったけどさ。

たまたまその学年で少しでもピアノやってたのわたしだけだったんですよね。

そんな超しろうと軍団の田舎の小学生。舐めた気持ちで本番を迎えました。

会場に行ってびっくり。奈良県下の小学校が多数参加しております(のような気がした)

しかも他の学校はウチみたいに全員参加ではなく、才能の認められたエリート集まり(のような気がした)

他の学校の指揮をやってる子はまるで佐渡裕ばりの指揮者ぶりです。ちなみうちの指揮者は、メトロノームのように4拍子を作るだけでした。

歌う前から「わたしたちの来るところではない」的な気持ちでいっぱいだった素人の集まり。

それでも、帰るわけには行かないので、とりあえず歌ってちゃっちゃと帰ろーぜ!とみんなの気持ちが一つになりました。

本番は練習のときよりずっとよかったと思います。ただわたしは伴奏間違えましたが。

しかも誰も歌ってない間奏のところで間違えたのでとっても目立ちました。

あとで同級生に「歌のところで間違えたらわからなかったのに」と言われましたが、

貴様らにピアノの間違いをカバーする歌唱力があるのかと思ったことを覚えております。

うわー。どんどん思い出してきたー。

昔の思い出はほぼ日記のネタにし尽くしたと思ってたのですが、掘り起こせばあるもんですなあ。

合唱コンクールありがとう。矢口もありがとう。めっちゃ浮いてたけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

9月18日

昨日の日記を読み返して思ったのですが、

もしかしてみなさん「なないちさん」て誰よ。と思われたでしょうか。

昔はタイトルのところに「登場・物紹介」を載せておりまして、それを見れば

なないちさん=光学7.1倍ズームのデジカメということが一目瞭然だったのですが。

ブログの設定をするときに「サブタイトル」という項目がありまして、

おお、ここに「登場・物紹介」を載せておけばよいのね。とずらずらと並べて大満足だったのですが、

今、確認するとサブタイトル載ってません。なにこれ。サブタイトルってなんのこと。

設定したときに気づけよ。

でーすーよーねぇー?おっしゃる通り!

さて、登場・物紹介がないと、いろいろ説明が難しいていうかめんどくさいですよねえ?

また、いろいろ考えないといけないことが増えました。ほんとブログってよくわかんない。

さて、サイトの日記の内容で詰まらないことベストスリーが

1.昨日の夢の話 2.おとといの夢の話 3.カラオケの話

と言われて久しいですが、夢の話ってほんとつまらない割りにしたくなる魔の話なんですよね。

わかっててもせずにはいられない。夢には魔物が棲んでいる。あら?なんだか文学的?(ちがいます)

ということで今日はカラオケの話。

ごめん。でもどうしてもこれは伝えたかった。つまらないことはわかっててもこれはどうしても言いたいの。

今日ね、カラオケ行ったんですよ。

でね。「ハイパー予備校」とか言う採点方式のでやったのです。つまらないですね。ゴメン。

それは点数が出るだけではなくて、これまでその歌を歌った人のうち、何番目かが出るのです。別に知りたかないですよね。ゴメン。

そして、自分の点数の偏差値が出るのです。興味ないですね。ゴメンゴメン。

たいていの場合偏差値は50~60台でして、まあ平均的かなて感じなのですが、

今日ね。

偏差値99を出しました。順位がね。

1位ですよ1位ですよ。1位ですよ。1位ですよ1位ですよ。

しかも小学生唱歌とか童謡とか歌った人が1人とかいうオチなくてよっ。

ジュディマリの「散歩道」なんだからっ。カラオケの王道なんだからっ!歌った人も何千人単位だよ?(忘れた。たぶん2000人くらい)

一緒に行った人は「絶対機械がおかしい」と言い切ってました。うんわたしもそう思う。

そう思いますが、「1位を取った」という事実に変わりはありません。

ああ。あの画面を写真撮っとくべきだった。びっくりしすぎてカメラを構える暇がなかったよ。

ということで、今日はカラオケに行って1位をとりました。おもしろくもなくオチも無いですが、

どうしても記録に残したかったので、ここに記します。以上!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

10小ニュース | 13日の金曜日 | 365歩のマーチ | CHERRY | Excelの気持ち | KANの戻り | SAKAYA | SOSO | TOKIO dreamin' | あくせくアクセス | ある事情。グリムジョー。 | ある事情。明日のジョー | いいわけ番長 | おかんルール | おすすめサイト | おばさんサンデー | お前がな | かつお風味のダメだしー | がっかりだよ | ごあいさつ | ご用心 | さんまんの味 | しっぱいバレー | しょうがない | すべてはSにならない。 | すべてはFにならない | すわ師走 | そういうことか! | そうじゃなくて | その女、少忙につき | その女多忙につき | それいけソーマー | それで? | たずね人 | たっくん | とりとめナシング | どうしましょうの女 | どうでもいい話 | なんか妖怪 | なんでなんで | ひまつぶし | ひらめきトゥナイト | へろろ軍曹 | まちがいはじめ | まひる報告 | もっと光を | やっちまったな | やる気です | ゆきずりの | よろしくザビエル | わかっても好きな人 | わりと訓練好き | アイ・デア・レディー | アクセサーあせるさー | アクセシスト アセルヒト | アクセシストの日常 | アニメ・コミック | アンズよりウメが安い | イライラっち | インフルエンタの神様 | エクササイズ・エックスサイズ | エクセレント・エクセリスト | エコエコアザラク | エレキテルテキレエ | オレの借金全部でなんぼや | オンリーロンリーグチーリー | オーレーオレーオレーオレー | カウント8 | カラオケマナー | カラダ記念日 | クララがこけた | グラフでgoo | グルメ・クッキング | コンドル | ゴーゴーゴールデン | サタンサタデー | サンデー | シュミテクト | ジェネレーションギャップ | ジャブ中 | ジュウショック | スクワッタホラー | スパイ大作戦 | スポーツ | スマイル:¥0 | スランプ違い | センタクの自由 | ソっか | ダイエットクイーン | ダイヤルMを回せ | ダーウィンの秋 | チェックメイト | チェンジングワールド | テトリスト | テラへ・・・ | テレホンショッキング | テンションフリーフォール | トイレトレーニング | トラック野郎 | トランプリンセス | ドキドキが止まらない | ドレミのドミノ | ドーダの休日 | ナイショの内情 | ナビな女 | ハイソックス・ハイリターン | ハウスダストレビュー☆ | ハタチの忘年会 | ハプニング | バイオリズムハザード | バカンス | バックダウン | バテレンタイン | バレテンデー | バーゲンダッシュ | パソコン・インターネット | ヒーローになるときそれは今 | ビクトリー! | ビリメンさん | ビリーには謝らないもん | ビリーに謝れ | ピタパラダイス | ファミリー家族 | フィルダースチョイス | フォントにあった怖い話 | プラズマニウム | プラズマX | プレイガール | プロペラハニー | ポエム | マンションショー | マンデーシック | ミニスカショック | ムーダ | モンスター | レイニーデイ | レントゲン相場 | ロンバケ | 一片の悔いあり | 丁稚の祭 | 中秋の名月 | 事務員サンデー | 人の夢と書いて儚いと読む | 人の痛みを知る大人になれ | 人格者からひとこと | 人間関係の解の公式 | 今日行く教育 | 仏の顔も三平です | 仏の顔も三度笠 | 仏の顔も三瓶です | 仕事始めイロイロ初め | 伊勢物語 | 休日キューちゃん | 会議は劣る | 会議は脅す | 住まい・インテリア | 住所ック | 健康記念日 | 冬の朝 | 冬の転校生 | 切れ者 | 勇気をください | 北欧シリーズ | 占い | 危険なじじょう | 危険な実用 | 危険な情事 | 名セリフ | 名句アップ | 吐き気はきはき元気な子 | 向き不向き | 問診不審 | 地球にやらしく | 地球の歩き方 | 壮大ゴミ | 声に出して読みたい四字熟語 | 変なシャレはよしなシャレ | 夏の思い出 | 夏子 | 夜は甘かった | 夢の中へ | 夢やぶれて | 夢破れてサンバあり | 夢見る頃を過ぎても | 大人になったら | 大人の序章 | 大地の怒り | 大阪で生まれてない女 | 大阪の人 | 存在証明 | 学問・資格 | 寄生を規制して帰省する | 寒冷善戦 | 小予言 | 尾張の終わり | 居丈高いたっけか | 希望と脂肪 | 幸せなら手を使おう | 弁慶の泣き所 | 引越叱責きっちり | 当期の桜 | 後の祭りの後 | 後ろが正面 | 復活の日 | 心と体 | 心配性 | 怒りのコップ | 怒りの日曜日 | 思いやり投げ | 怪段 | 恋愛 | 悲願の中日 | 想像を辞めて現実を見る | 意味不明 | 愛の水中花 | 愛はカツスパ | 感心感心 | 感謝カンケリ | 我慢の限界 | 持てる者 | 振替休日を振り返る | 揺れる気持ち | 携帯・デジカメ | 教えてー | 教育論 | 教養の強要 | 文化・芸術 | 文化比較可否幹部 | 料理の時間 | 新天地の珍天使 | 新春シャンソンファッションショー | 旅行・地域 | 日サス | 日常に潜む危機 | 日常の凶器 | 日進月歩 | 旧友と豪遊 | 春一番 | 春風の誘惑 | 時をかける症状 | 時を失くす少女・・・少女ていうな | 時代はまわる | 時給人 | 時間の罠 | 暖の戻り | 暴れ馬絶好調 | 月末思想 | 末端エンドユーザ | 本当にあったコアな話 | 枯れ木に花を咲かせましょう | 根がシャキ | 様式美 | 毎日がエブリデー | 気まぐれ当たり | 波乱番長 | 流行の先端 | 温新知古 | 源泉徴収力 | 濡れ手にあわわ | 特別トーク別 | 特技の効能 | 犬が三毛の一族 | 用意ドン | 畢竟つまり要するに | 疲労コンバイン | 睡眠スクール | 睡魔ですいません | 短刀じゃなく担当 | 砂の白 | 砂塵のかなた | 祭のあと | 秋が目覚めた | 科学の子 | 空白のとき | 空腹と工夫 | 精悍トンネル | 終わりの始まり | 継続は力なり | 続キャンプ日記 | 美容・コスメ | 翼の折れた天気 | 職人店員 | 胃腸の異常 | 自分さがしの旅 | 自然を大切に | 自由になりたい | 花のくびざかり | 苦行の理由 | 菊と力 | 落ち着け! | 落日 | 落無者 | 血の種類 | 行く人くる人 | 裏表のある女 | 試験前症候群 | 詩吟男 | 謙虚に検挙 | 責任添加物 | 走れ正直者 | 超カメラ | 趣味 | 路上の危険 | 辛抱シンボル | 通勤沿線気になるアイツ | 酔った振り | 金のエンジェル | 閑居な環境 | 隔離 | 音楽 | 順番守れよ | 顔合わせは青か | 風邪引き算 | 食う寝るところに | SPACE WAR