8月29日

今日のランチのときの会話。「k」がわたしです。

k「今朝の地下鉄、すっごく混んでたんですど、後ろに立ったおばさんがすっごくごそごそするんですよ」

A「ふーん」

k「なにしてんのよ。って振り返ったら、そのおばさん、薬飲んでたんです」

B「そ、それはめずらしいね」

k「3、4種類飲んでましたよ。水と一緒に。めっちゃ混んでるんですよ」

C「まあ、飲まなきゃいけないの忘れてたんでしょうね」

k「またわたしの心のデスノートのページが進みましたよ」

A「もうデスノートどれくらいたまったの?」

k「もう何冊目ですか。てくらいです」

B「え?え?どういうこと?あーネタ帳みたいなもの?」

他3人「えっ?」

B「ごごめん。全然意味わからへん」

A「いやだから、デスノートだから」

C「心のデスノートだから、まあ、あの、ほら、殺人リストみたいな」

おいおい。殺人リストって人聞き悪いな。←komatuna心の声。

B「あー。そっかー。わかったー。

これで、子供にも嫌われてるんだーすぐ『え?え?今の何がおもしろかったの』とか聞くから」

k「でも、Bさん『デスノート』持ってはりましたよね」

他3人「えっ。デスノートは持ってないでしょ」

k「いや、デスノートのマンガですよ」

B「うん。全巻持ってるよ」

A「映画も見たって言ってたよね」

B「うん。でもわかんなかったんだよね」

他3人「・・・」

たぶん、Bさんがわたしの母親だったら、デスノートに書くでおかあちゃん。と思いますが、

ランチの会話としてはとても楽しかったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月21日

仕事中、非常ベルがなりました。

一応、他の人の反応と、どこから聞こえるかを確認して、

そのまま仕事をしておりました。

しばらくして、空調が止まりました。

あっつーあっつーあっつー。

「暑いなあ」

「暑いですね。さっきの非常ベルが関係あるんでしょうか」

「え?」

「いや、非常ベル鳴ってたじゃないですか」

「ええっ?全然知らんかった」

「いやいやいや。なってましたよ。前の席のヤングマンも見に行ったよね?」

「いきました。でも、結局原因わからなかったんですよ」

「ええー。ぼく、全然聞こえへんかったで」

横から「ぼくも全然知らんかった」とおっちゃんが。

どうも、ある程度の年齢以上のおっちゃんには聞こえなかったようです。

「うーん・・・これはいわゆる、モスキートってやつですか」

「なにそれ。年取ると聞こえなくなる周波数の非常ベル」

「若いもんが生き残ったらええねん。て感じですね」

「ひ、ひどいよ。komatunaさん・・・ていうか、なんでkomatunaさんに聞こえr・・・」

「なんですか?なにかおっしゃいましたか」

「いえいえいえいえ」

その後、空調は復活しましたが、

なぜ非常ベルが鳴ったのかは謎のままでした。

それと、なんでおっちゃんに聞こえなかったのかも謎のままです。ミステリーサマー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月3日

先日、新しい入力ファイルを作りまして、

各支店に「入力しろ」と命じたのですが、

どうもこちらの気持ちがうまく伝わってないような気がする。

ということで、岡崎さん(仮名)が「じゃあkomatunaさん各支店の担当者に電話して状況聞いてよ」

とおっしゃったので、各支店に電話しました。

前に書いたかもしれませんが、実は東北支店にわたしの宿敵がいます。

横溝正史的に言うと「わが生涯の仇敵」です。

彼女は(ええ。女性です)元プログラマーだそうで、

私(元事務員)の作ったAccessのシステムを見ては「ぷぷっ」と笑い(知らんけど)

なんだかんだケチをつけてきたのでありました。(本当はつけてません)

さあ、次は東北支店に電話をしなければ。

・・・そうだね無理に宿敵さん(仮名)電話をしなくてもいいよね。主任あたりでお茶をにごそう。

「あー。あのExcelね。あれは宿敵さん(仮名)の担当なんですよ。今彼女は席を外しているので、

あとで彼女から電話させます」

・・・でーすーよーねー。

ということで、ドキドキしながら電話を待ちました。

しばらくしてメールが来ました。

「先ほど主任から新しいExcelファイルについてのお話があると聞きましたが、

どうのような回答をすればいいかご指導ください」

!!!

そうくるか。

「新しいExcel入力表について、各支店にご意見やご質問を伺っています。

今お電話してもよろしいでしょうか」

うーん。わたしって素晴らしい。なんて大人なの。

「しばらくは在席しております」とメール。

貴様から電話して来いよ。などと思っているとは微塵も感じさせない、エンジェルボイスで電話しました(うそつけ)

表面上は大人な会話を交わす二人。しかし、充分気分を害して電話を切るわたし。

どうか相手も気分を害しておりますように。(大人失格)

それから、なんとか気分を鎮めようと、紅茶を飲んだり、前のヤングマンに当たったりしていたのですが

しばらくして、宿敵さんから電話がありました。

「あの、実はお聞きしたかったんですけど、

今度のファイル、項目がとても増えて、本当に便利になったんですけど、

絶対入れないといけない項目ってどれですか」

全部だ全部。全部入れろっつってるだろ!

『本当に便利になったんですけど』の一節に超イヤミを感じましたが、

ちゃんと大人な対応をして電話を切り、何とか気分を鎮めようと、前のヤングマンに当たりました。

次の日、前日に担当者と連絡がつかなかった東京支社の担当の女性に電話しました。

彼女とはとても友好的な関係を築いております。

「あ。昨日ですね。お電話いただくということでしたが、お忙しかったようで」(心からのエンジェルボイス)

「え?あ、昨日お電話してお聞きしたこと以外には特にないんですけど」

「え?電話?」

「ほら、最小限入れないといけない項目について・・・」

「・・・あ。あれ、東京さんでしたっけ。あーあーそうでしたーいやすいませんー。

いろんな支店に電話してごっちゃになってしまって」

・・・・

二度目の電話は、東京さんだったのですね。

そういえば、なんか感じ良かった気がする。

『本当に便利になったんですけど』は本心だったのですね。(しらんけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月7日

ああ。

終わった。

黄金の1週間が。

これから7月まで、祝日なしですよ。なにそれ。そのギャップ。

そら5月病にもなりますよって。

ゴールデンウィークは、特に遠出もしませんで、

特に特筆するような出来事もなく、

ただ、たんたんと黄金色に過ぎたのでありました。あっと言う間でしたよ。あっ。

ほら終わった。

今日のランチの会話。

「GWに、高知に行ったの」

「あ。そうなんですか」

「それって、計画的に?」

「ううん。思いつきで」

「えっ。日帰りですか」

「まさか。泊まったわよ」

「へー。GWにいきなりでも泊まれるんですね。民宿ですか?」

「ううん。駅前の旅館」

「へー。よかったですね。空いてて」

「うん。まあね」

「どんな旅館ですか」

「んーとね。キャンプに行った人が、キャンプするのがイヤで泊まるような旅館」

「・・・なるほど・・・て、なんすかそれ。キャンプしに行ってキャンプがイヤな人ですか」

「えっ?おかしい?わたしあんまりキャンプ好きじゃないんだけど」

「いや・・・わたしも、キャンプとか全然好きじゃないですけど、好きじゃないからキャンプには行かないですよ」

「それが、キャンプに行かないといけないこともあるのよ」

「・・・・で、キャンプがいやで、駅前の旅館に泊まるんですか・・・付き合いがいいんだか悪いんだか」

「えーおかしい?」

「えーおかしくないですかー?」

どうですか。おかしいですよね。おかしくないのか。どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月27日

年度末が近付き、人事異動の発表がふわふわとされました。

まだ全容は明らかとなっていませんが、

ひとつ確実なのは、

ランチ仲間の単身赴任されていたご主人が大阪に帰って来られるということです。

このご夫婦はなんていうか、新しい感じていうか、

ご主人は若い女子がほんとに大好きで、しかもわりとシュッとした男前の方でして、

さぞかし奥さんは大変ね。という周りの心配をよそに、

奥さんはこれがまた結構おきれいな方なのですが、

「まあ、主人が楽しいならそれでいいかな。って思うんだー」という、天然?いや大人物なのです。

単身赴任中、周りはとても心配したのですが、

ご本人は「全然連絡つかないんだよー。困ったなー」とぽよよーんとされてました。

さて、奥さんは管理職で大変お忙しい方です。

「でもね。彼が帰ってきたら、これからは早く帰ろうと思うんだー」

「えー。無理でしょ。彼が家事するから帰らなくていいとか思うんじゃない?」

「あら。そんなこと無いよー。ちゃんと食事作って、主人を

『いらっしゃいませ』って迎えるんだー」

・・・

それは違うだろう。という突っ込みの嵐でした。

メイド喫茶より他人行儀だなオイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月5日

ハーツで全敗しています。ただいま5選5敗中。

どうやったら勝てるのかまったくわかりません。頭が悪くて困っています。

さて。人事異動の季節です。

先日、前の席のヤングマンが課長に「ちょっと」と呼ばれ別室でなにかこそこそ言われてました。

今日、違うグループのヤングマンが、仕事の引き継ぎをしていました。

「ヤングマン、向こうのグループに移動するの?」

「えっ。なんでわかったんですか」

わかるやろ。

これでトリビア考えなくてよくなると思うととてもホッとし・・・

今日のトリビアは「司馬遼太郎の名前は司馬遷という中国の歴史家からとった」

でした。いかに苦しいかお分かりかと思います。かなり有名な話だよね?

でもヤングマンは知りませんでした。ヤングマンええとこあるな。さびしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月21日

今日のランチの時に、岡崎さん(仮名)が、

「この春課長、転勤しないよね・・・。まだ1年だもんね・・・」

岡崎さん(仮名)、全身から残念感が出てるのですが。

課長は岡崎さん(仮名)のことが大好きで、いろんな仕事を岡崎さん(仮名)に振られてるのですが、

課長の思いは岡崎さん(仮名)にまったく届いてないようです。

ていうか、仕事振りすぎなんですよ課長。

さて、まだまだ去り際トリビアが続いておりまして、正直辛いです。

今のところ、なんとか知ってるトリビアを言っているのですが、

それでも、手前にネットでそのトリビアが合っているかどうかの確認をしています。

たいていうろ覚えのトリビアが多いもんで。

だいたいは、合っていたのですが、ひとつ完全に間違えているというか、騙されていた知識がありました。

旧約聖書で、神は男のあばら骨から女性を創ったというくだりがありますが、

実際女性のあばら骨は男性より1本少ない。

という説を昔聞いたことがありまして、へぇーそうなんやー!と信じておりましたのに、

うそなんですって!よく考えるとそりゃそーだ。と思いますけども、信じてたのに。

つか、ネットによりますと、

「男女のあばら骨の数が違うと中世のころまで信じられていた」

・・・

あたしゃ中世人ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月19日

絶対に笑ってはいけない日記。

今日の日記を読んで笑ってはいけません。

土曜日に、同居人がパソコンを買いました。

いやーパソコンってめちゃ安くなってますよねー。とパソコンを買うたび思います。

ほんとにお安いわあ。と見てますと店員さんがハイエナのよう親切に声をかけてきました。

「今、この店で一番お買い得はこれなんですよ。79800円なんです。このスペックでっ!」

しかし値札は89800円でした。

「あ、あれ?」とまどう店員さん。どこかに確認に行く店員さん。戻ってきた店員さん。

「えー、79800円はタイムセールでした・・・でも!僕、79800円って言ってしまったので、いいですよっ。79800円でっ」

そうなの?それってめっちゃお得じゃない?とついその気になる、アホの消費者二人。

「なにか光とか入られる予定はありますか」

そうなんですよ。今はマンション契約の光回線で全然不便は感じてないのですが、

せっかくの同居人のノーパソ。たまの旅行などにモバイルでつながるヤツがほしいと思っていたのです。

すると、基本料金はいらないやつで、必要な時だけ1日600円でつながるプランがありました。

それだと、パソコン10000円引きだそうです。じゃあそれで。

ところが、横から知恵をつける店員さんが。

ある回線に申し込むとパソコン60000円引きなのだそうです。

月1000円プランで2年間の縛りをクリアすると、トータルで36000円引き!

すごいっしょ?

すごいっす。

じゃあそれで。

ところが、そのプランに申し込むと10000円引きはパソコンに適用されないのです。

「なにかセキュリティソフトとかいりませんか」

「うーん。持ってますからねえ」

「じゃあ、iPodとか」

「持ってないですけど・・・うーん。」

そうです。わたしは携帯型音楽プレーヤーを持っていません。

ずっと昔まだ、iPodが出たばかりの時に、iPodのパチモンみたいなのを持っていたことがあるのですが、

いかんせん、イヤホンがうっとおしくてほとんど使わず。

という経験からiPodとは無縁な世界で生きてきたのです。

「まあ、一度見てくださいよ。iPodnanoだったら、10300円なんで、300円で買えますよ」

で、iPodnanoのコーナーに。

・・・うっひょう!なんて可愛いんだ。へーこんなになってるんですね時代は。

浦島気分で感動するわたし。

買った!出します300円!

ということで、今わたしはiPodnanoを持っています。へへーんだ。いいだろー。

歩数計だって付いてるんだぜ?

・・・

そこの若者。

笑ってはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月7日

昨日の帰宅時の話なのですが。

最寄りの駅近のスーパーで買い物して、自宅までの通路を歩いておりますと、

わたしの前を、大柄の男性が歩いておりました。

大きな体にぶかぶかの上着をルーズにはおり、

ときどき「うおー」と奇声を上げながら、

蛇行しながら歩いておられました。

・・・危険だ。

危険の香りがする。めっちゃする。

このまま後ろを歩くのはとても危険な感じがしたのですが、

その通路は途中に駅の改札がありまして、いつもうっとおしいくらい人通りがあるのです。

大丈夫だよね・・・?今は人いないけど。

二人きりだけど。

通路には彼とわたしだけだけど。

できだけ、間合いをとり、じっと観察しながら後ろを歩いておりますと、

彼は、ポケットに手をつっこんで、なにやら、薄くて細長いものを取りだし右手に掴みました。

!!!!!!

ナイフ?!!!!!!

ひえぇえぇぇ!

いつもはあんなに人通りが多い通路なのに、

正直、歩きにくくてわたしがナイフ持ってたら何人か刺すかもと思っていたくらいですのに、

なんでこんな時に限って、誰もいないんですか。

ああ。神様。人刺すかもとか思ってほんとすいません。絶対刺しません。許してください。

とお祈りしながら、彼を観察しますと、

それはナイフではなく、携帯電話みたいでした。

・・・

あ。そう。

なーんだ。

彼は途中の改札の中に消え、この街に平和は戻ったのでした。

いや。普通に平和だったし。

一番危険なのはわたしだったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月28日

昨日、大阪府知事選の投票に行きました。

夕方遅くなってから行ったのですが、投票を終えて外に出ますと、

「○○新聞ですが、よろしいですか」

うわぉ!人生初めての出口調査です!

その人はアンケート票を同居人にわたして、同居人が記入するのをじっと待っておられました。

・・・・

あの。わたしは・・・?

「ありがとうございました」

えっ。わたしは・・・?

・・・そうかっ!もしかして、わたしのこと、

未成年

と思いました?

選挙権がないと思ったんですね。

そうなの?そういうこと?そうかそういうことか。

今日、職場で言いまくりまして、みんなの「リアクションに困るんですけど」的な反応を頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

10小ニュース | 13日の金曜日 | 365歩のマーチ | CHERRY | Excelの気持ち | KANの戻り | SAKAYA | SOSO | TOKIO dreamin' | あくせくアクセス | ある事情。グリムジョー。 | ある事情。明日のジョー | いいわけ番長 | おかんルール | おすすめサイト | おばさんサンデー | お前がな | かつお風味のダメだしー | がっかりだよ | ごあいさつ | ご用心 | さんまんの味 | しっぱいバレー | しょうがない | すべてはSにならない。 | すべてはFにならない | すわ師走 | そういうことか! | そうじゃなくて | その女、少忙につき | その女多忙につき | それいけソーマー | それで? | たずね人 | たっくん | とりとめナシング | どうしましょうの女 | どうでもいい話 | なんか妖怪 | なんでなんで | ひまつぶし | ひらめきトゥナイト | へろろ軍曹 | まちがいはじめ | まひる報告 | もっと光を | やっちまったな | やる気です | ゆきずりの | よろしくザビエル | わかっても好きな人 | わりと訓練好き | アイ・デア・レディー | アクセサーあせるさー | アクセシスト アセルヒト | アクセシストの日常 | アニメ・コミック | アンズよりウメが安い | イライラっち | インフルエンタの神様 | エクササイズ・エックスサイズ | エクセレント・エクセリスト | エコエコアザラク | エレキテルテキレエ | オレの借金全部でなんぼや | オンリーロンリーグチーリー | オーレーオレーオレーオレー | カウント8 | カラオケマナー | カラダ記念日 | クララがこけた | グラフでgoo | グルメ・クッキング | コンドル | ゴーゴーゴールデン | サタンサタデー | サンデー | シュミテクト | ジェネレーションギャップ | ジャブ中 | ジュウショック | スクワッタホラー | スパイ大作戦 | スポーツ | スマイル:¥0 | スランプ違い | センタクの自由 | ソっか | ダイエットクイーン | ダイヤルMを回せ | ダーウィンの秋 | チェックメイト | チェンジングワールド | テトリスト | テラへ・・・ | テレホンショッキング | テンションフリーフォール | トイレトレーニング | トラック野郎 | トランプリンセス | ドキドキが止まらない | ドレミのドミノ | ドーダの休日 | ナイショの内情 | ナビな女 | ハイソックス・ハイリターン | ハウスダストレビュー☆ | ハタチの忘年会 | ハプニング | バイオリズムハザード | バカンス | バックダウン | バテレンタイン | バレテンデー | バーゲンダッシュ | パソコン・インターネット | ヒーローになるときそれは今 | ビクトリー! | ビリメンさん | ビリーには謝らないもん | ビリーに謝れ | ピタパラダイス | ファミリー家族 | フィルダースチョイス | フォントにあった怖い話 | プラズマニウム | プラズマX | プレイガール | プロペラハニー | ポエム | マンションショー | マンデーシック | ミニスカショック | ムーダ | モンスター | レイニーデイ | レントゲン相場 | ロンバケ | 一片の悔いあり | 丁稚の祭 | 中秋の名月 | 事務員サンデー | 人の夢と書いて儚いと読む | 人の痛みを知る大人になれ | 人格者からひとこと | 人間関係の解の公式 | 今日行く教育 | 仏の顔も三平です | 仏の顔も三度笠 | 仏の顔も三瓶です | 仕事始めイロイロ初め | 伊勢物語 | 休日キューちゃん | 会議は劣る | 会議は脅す | 住まい・インテリア | 住所ック | 健康記念日 | 冬の朝 | 冬の転校生 | 切れ者 | 勇気をください | 北欧シリーズ | 占い | 危険なじじょう | 危険な実用 | 危険な情事 | 名セリフ | 名句アップ | 吐き気はきはき元気な子 | 向き不向き | 問診不審 | 地球にやらしく | 地球の歩き方 | 壮大ゴミ | 声に出して読みたい四字熟語 | 変なシャレはよしなシャレ | 夏の思い出 | 夏子 | 夜は甘かった | 夢の中へ | 夢やぶれて | 夢破れてサンバあり | 夢見る頃を過ぎても | 大人になったら | 大人の序章 | 大地の怒り | 大阪で生まれてない女 | 大阪の人 | 存在証明 | 学問・資格 | 寄生を規制して帰省する | 寒冷善戦 | 小予言 | 尾張の終わり | 居丈高いたっけか | 希望と脂肪 | 幸せなら手を使おう | 弁慶の泣き所 | 引越叱責きっちり | 当期の桜 | 後の祭りの後 | 後ろが正面 | 復活の日 | 心と体 | 心配性 | 怒りのコップ | 怒りの日曜日 | 思いやり投げ | 怪段 | 恋愛 | 悲願の中日 | 想像を辞めて現実を見る | 意味不明 | 愛の水中花 | 愛はカツスパ | 感心感心 | 感謝カンケリ | 我慢の限界 | 持てる者 | 振替休日を振り返る | 揺れる気持ち | 携帯・デジカメ | 教えてー | 教育論 | 教養の強要 | 文化・芸術 | 文化比較可否幹部 | 料理の時間 | 新天地の珍天使 | 新春シャンソンファッションショー | 旅行・地域 | 日サス | 日常に潜む危機 | 日常の凶器 | 日進月歩 | 旧友と豪遊 | 春一番 | 春風の誘惑 | 時をかける症状 | 時を失くす少女・・・少女ていうな | 時代はまわる | 時給人 | 時間の罠 | 暖の戻り | 暴れ馬絶好調 | 月末思想 | 末端エンドユーザ | 本当にあったコアな話 | 枯れ木に花を咲かせましょう | 根がシャキ | 様式美 | 毎日がエブリデー | 気まぐれ当たり | 波乱番長 | 流行の先端 | 温新知古 | 源泉徴収力 | 濡れ手にあわわ | 特別トーク別 | 特技の効能 | 犬が三毛の一族 | 用意ドン | 畢竟つまり要するに | 疲労コンバイン | 睡眠スクール | 睡魔ですいません | 短刀じゃなく担当 | 砂の白 | 砂塵のかなた | 祭のあと | 秋が目覚めた | 科学の子 | 空白のとき | 空腹と工夫 | 精悍トンネル | 終わりの始まり | 継続は力なり | 続キャンプ日記 | 美容・コスメ | 翼の折れた天気 | 職人店員 | 胃腸の異常 | 自分さがしの旅 | 自然を大切に | 自由になりたい | 花のくびざかり | 苦行の理由 | 菊と力 | 落ち着け! | 落日 | 落無者 | 血の種類 | 行く人くる人 | 裏表のある女 | 試験前症候群 | 詩吟男 | 謙虚に検挙 | 責任添加物 | 走れ正直者 | 超カメラ | 趣味 | 路上の危険 | 辛抱シンボル | 通勤沿線気になるアイツ | 酔った振り | 金のエンジェル | 閑居な環境 | 隔離 | 音楽 | 順番守れよ | 顔合わせは青か | 風邪引き算 | 食う寝るところに | SPACE WAR